脊柱管狭窄症の治療をする|筋力強化で病気に負けない身体づくり

医者

腰が痛い時に疑うべき病気

hospital

脊柱管狭窄症は、脊椎の中を通っている脊柱管という部位が狭くなることで起こる病気です。腰部に症状が出ることが多く、足腰の痛みや痺れを伴います。治療は患部を安静に保つ保存療法が中心となりますが、外科手術が行われることもあります。

Read More...

バランス神経にできる腫瘍

hospital

聴神経腫瘍は、バランスに関係する神経から発生する良性腫瘍であり、転移する確率は低く、増殖速度もゆるやかな腫瘍です。肥大すると取り除くことが難しくなるため、早めの受診が推奨されています。以前は脳腫瘍状態になって初めて発見されていたものの、近年では医学の進歩によって早期発見が可能となっています。

Read More...

耳の腫瘍を治療

trouble

聴神経腫瘍の治療法は様々です。この病気は大きな病気でもないので、焦ることなくじっくりと治していきましょう。自然と腫瘍が小さくなっていって治る場合もあるので、医師や専門医とよく相談して今後の治療法などを決めていきましょう。

Read More...

背骨が圧迫される病気とは

背骨の圧迫に注意

看護師

背骨には脊柱管と呼ばれる空間があり、その周りの骨や靭帯などが変形してしまうことで神経が圧迫を受け、痛みやしびれなど様々な症状が出てきます。これを脊柱管狭窄症と呼びます。この脊柱管狭窄症を予防するために、どのようなことに気をつけるといいのでしょうか。まず気をつけたいのは、普段の姿勢です。猫背や前かがみの姿勢は脊柱管狭窄症の発症を促してしまいます。日常的にこのような姿勢を続けている場合は、適度に背伸びをするなど、良い姿勢を心がけましょう。次に気をつけたいのは、筋力の強化です。40代以上は筋力の衰えが著しく、特に腹筋と背筋の衰えは姿勢の悪化に繋がり、結果的に脊柱管狭窄症の発症の可能性が高まります。ハードな運動ではなく、継続的に行える軽いトレーニングを毎日続けましょう。

背骨が圧迫される病の特徴

脊柱管狭窄症の大きな特徴として、頸部脊柱管狭窄症と腰部脊柱管狭窄症という2種類のタイプをきちんと覚えておく必要があります。頸部の場合、上半身、特に指先から上腕にかけて症状が出ることが特徴です。具体的には腕が重くて動かすのが困難になったり、指先から上腕にかけてしびれや痛みが慢性的に生じるという症状が挙げられます。腰部の場合は、下半身を中心に症状が出ます。腰に痛みが生じたり、脚にしびれが生じたり、酷い場合には休みながらしか歩行を続けられないほどの状態になることもあります。脊柱管狭窄症の症状は、坐骨神経痛などの他の疾患とも症状が似ていることも特徴的です。症状が進行すると手術が必要なこともあるので、早めの受診が必要な病の一つと言えます。