住宅ローン控除で確定申告が有利【お得な理由をチェック】

女性

様々な用途に活用できる

専業主婦の場合は総量規制のある消費者金融での借入は難しいですが、総量規制対象外である銀行カードローンなら申し込めることが多くなっています。カードローンは様々な用途に活用できるのでちょっとした出費の際にとても便利です。

お金

即日融資が可能な大手業者

緊急でお金が必要になった時に便利なのが、消費者金融の即日融資です。大阪の梅田には大手業者の自動契約機があるので、それを使うと即日融資が可能になります。免許証と給与明細書を持参して画面に従って操作するだけです。大手消費者金融では電話やパソコンで申し込んでも即日融資が可能な業者があります。

模型

ローン控除を適用する方法

住宅ローン控除はローン残高の1%を税額から控除できますが、確定申告をする必要があります。控除額は計算明細書に必要事項を記入して算出し、それを申告書に転記してあらかじめ算出した所得税から控除します。なお、必要書類には申告の際はローン残高証明書や登記事項証明書などが挙げられます。

主婦

低金利で融資を受けたい

仕事を持たれている主婦は、金融機関の信頼が厚いので、低金利で融資が受けられる銀行カードローンが利用しやすいです。大手銀行の場合は、即日審査、融資に対応している所が多く、急いでお金が必要になった時も安心できます。

硬貨

ローンの種類

梅田には多くの消費者金融業者がありますが、取り扱いは10万から30万程度の無担保小口融資がメインとなります。業者によっては50万や100万超の大口融資を低い金利で行う他、複数社の借入を1本にまとめて管理をしやすくする他、金利を低く抑えるおまとめローンの取り扱いをしている業者もあります。

住宅を取得したら節税する

電卓と硬貨

ローンを利用した節税方法

住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)とは、居住用住宅を住宅ローンを利用して取得した場合に、年末のローン残高の1%相当額を所得税と住民税から差し引く制度を言います。この住宅ローン控除を適用する場合、適用を受ける初年度に確定申告をしなければならず、2年目以降は確定申告または年末調整で適用を受ける事ができます。確定申告の方法は、必要事項を記入した確定申告書と住宅ローン控除額の計算書に、年末のローン残高証明書や住宅の登記簿謄本、住民票の写しなどの必要書類を添付して提出します。また、住宅ローン控除では、まず所得税から控除額を差し引き、引き切れなかった残額がある場合に住民税から差し引きます。ただし、住民税から差し引ける控除額は、当該住宅に平成26年以降に居住を開始し、かつ取得費用に含まれる消費税が8%以上である時は所得税の課税総所得の7%相当額(136,500円を限度とする)、それ以外の時は同5%相当額(同97,500円)までとなります。これらの金額はサラリーマンなどの給与所得者であれば源泉徴収票で確認する事ができ、住宅借入金等特別控除可能額は控除額の総額、住宅借入金等特別控除の額は所得税において差し引かれた控除額を指します。つまり、控除額の総額から所得税の控除額を差し引いた残額が住民税で差し引かれる控除額となるため、その金額が源泉徴収票の給与所得控除後の金額や確定申告書の所得金額の合計の7%または5%のより多い場合は引き切れない控除額があるという事になります。

Copyright© 2018 住宅ローン控除で確定申告が有利【お得な理由をチェック】 All Rights Reserved.