脊柱管狭窄症の治療をする|筋力強化で病気に負けない身体づくり

医者

腰が痛い時に疑うべき病気

老化に伴い背骨が変性

hospital

脊柱管狭窄症は名称自体はあまり一般には知られていませんが、年齢が高くなるにつれて発症する人が多くなる病気の1つです。いわゆる坐骨神経痛と呼ばれる症状の多くは、脊柱管狭窄症によるものであるとされています。脊柱管とは背骨の中にある管状の空間のことをいいます。ここに神経や血管が通っています。脊柱管狭窄症は、この脊柱管が狭くなって神経を圧迫することで起こる病気です。脊柱管が狭くなる原因は椎間板ヘルニアなど脊椎に関する他の病気がきっかけとなることもありますが、多くは加齢に伴う組織の変性です。つまり簡単に言えば一種の老化現象であるということになります。また、症状は腰部に出ることが多いですが、頸部に発症するケースもあります。

重度の場合は外科手術も

脊柱管狭窄症の主な症状は、下肢の痛みや痺れです。最も典型的なのは間欠跛行と呼ばれる症状です。これは、歩いていると足腰に痛みや痺れを感じるが、しばらく座って休んでいると症状が軽快する、という状態が繰り返されるというものです。また頸部に発症した場合は上肢に症状が出ることもあります。脊柱管狭窄症の治療は、軽度の場合は保存療法が選択されます。必要に応じて痛み止めの薬や患部を固定するコルセットを使用しながら、身体を安静に保ちます。前かがみの姿勢をとれば痛みもさほど出ないため、歩行の際にはカートを使用するといった生活上の注意が必要になります。日常生活に支障をきたすほど痛みや痺れがひどいときは、外科療法が採用されることもあります。その場合は手術によって骨の一部を削るなどして、神経の圧迫を和らげます。