脊柱管狭窄症の治療をする|筋力強化で病気に負けない身体づくり

医者

耳の腫瘍を治療

trouble

聴神経腫瘍は、聴神経の周りにあるシュワン細胞から発生する腫瘍です。悪性の腫瘍ではなく良性の腫瘍なので、成長のスピードがとても遅く、症状が出てくるのにも時間がかかります。聴神経腫瘍の初期段階での症状は主に聴力の低下です。片側だけに腫瘍が出来てしまう場合が多いです。この腫瘍は、聴神経の周りから発生するものなので、腫瘍の側にある耳から影響が出てきます。徐々に顔面のしびれや、麻痺、ふらつきなどの症状が出てきます。聴神経腫瘍の原因はまだはっきりとは解明されていません。しかし、遺伝性の原因がある可能性が高いと考えられています。この病気は進行に時間がかかるので焦らず、医師と相談して今後の治療方針などを決めていくことが重要となってきます。

聴神経腫瘍の検査方法は、聴力検査、平衡機能検査、MRI検査などがあります。それでは聴神経腫瘍の治療法について説明していきます。治療法は手術療法と放射線治療の2種類があります。しかし、症状や進行状況によってはそのまま様子を見守るという事もあります。これは時間が経てば、腫瘍が小さくなっていく場合があるからです。医師や専門医と相談して治療法を決めていきましょう。手術療法では腫瘍の大きさにより腫瘍を切り取るかどうかが変わってきます。放射線治療で治る場合がほとんどなので、手術療法はめったに行われません。放射線治療は腫瘍が大きくなるのを抑制する方法です。いづれも利点と欠点があるので、医師や専門医の説明をしっかり聞いておくことが大切です。